腫れぼったいまぶたの原因を解説

腫れぼったいまぶたの原因

二重になる方法で大事なのが、腫れぼったいまぶたを解消させることです。
二重を目指すにもまぶたが腫れぼったいのはなるべく早急に改善すべき問題です。
また、腫れぼったいまぶたが原因で第一印象や、アイメイクに悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。まぶたが腫れぼったいと目が細く見えるのはもちろん、にらんでいないのににらんでいるような目つきになってしまうこともあります。

 

今回は、後天性二重になるためにも腫れぼったいまぶたにお悩みの方へまぶたが腫れぼったくなってしまう原因とその対策方法についてご紹介します。
慢性的に腫れぼったい方はもちろん、なんだか最近まぶたが腫れぼったいと感じている方、突然今日はまぶたが腫れぼったくなってしまった方、早く治したいという方も、是非ご一読ください。

 

腫れぼったいまぶたの原因

まぶたが腫れぼったくなる1番の原因は何といってもむくみです。腫れが起こった直前の生活習慣であったり、慢性的に生活習慣に乱れが生じてしまっていたり、そういったことが続くとむくみやすい体質になってしまいます。

 

そうしたことでまぶたにも影響が表れてしまい腫れぼったいまぶたになってしまうのです。
腫れぼったいまぶたを解消することは、二重になる方法の近道です!
これからその具体的な原因をご紹介します。

 

まぶたがむくむ原因とは?

その1 塩分の摂りすぎ

塩分の摂りすぎはむくみの原因の1つです。スナック菓子やジャンクフードなどの食べ過ぎなど塩分の多い食品をたくさん摂取する食生活をされている方は要注意です。

 

体内の塩分濃度が高くなってしまいそうになると、体は塩分濃度を下げるために水分を排泄しないように働きます。そうなることで全体的にむくみやすい体になってしまうのです。

 

その2 お酒を飲みすぎてしまった

お酒を飲みすぎてしまった次の日にまぶたが腫れてしまった経験がある方はいらっしゃると思います。
これはアルコールの影響で腎臓に悪影響が及び、水分代謝が落ちてしまっているために起こります。アルコールの摂りすぎはもちろん体のいたるところに悪影響が出ます。むくみに関してもお酒による影響は個人差がありますが気をつけたいところです。

 

その3 メイクを落としきれていない

アイメイクは落としにくいところもありますよね。疲れて遅く帰った日にメイクを落とさずに寝てしまったことも経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

目の際あたりのアイメイクは目に触れていることがあります。また目に触れていなかったとしてもアイメイクは目に影響を及ぼします。落としたつもりでも残ってしまったアイメイクが目に炎症を起こさせていることがあるのです。
アイメイクはなるべく早く落とすように心がけましょう。

 

その4 目をこすってしまった

花粉やアレルギーで目のかゆみが激しい方や泣いてしまったときなど目をこすってしまうこともあるかと思います。

 

目をこすってしまうとまぶたの下の毛細血管に傷をつけてしまうことがあります。そうなると目は保護するために組織液が出るようになっています。そうした水分がたまりむくみの原因になることもあるのです。
泣いてしまって目が腫れたというのは単に涙を流したためではなく、泣いて目をこすってしまったことに原因があります。

 

その5 生理前から生理中はむくみやすい

生理前や生理中は女性ホルモンの影響で体がむくみやすくなるといわれています。
特に黄体期は体が妊娠に向かう時期であるため体がむくみ役位傾向にあります。栄養を蓄えようとする機関であるため、水分も排泄されにくくなっています。

 

生理に近くなると食欲が旺盛になるといった方もそういった体の期間であるため、あまり心配することはないのです。この時期には特に塩分の過度の摂取は控えましょう。

 

その6 まくらが低い

睡眠中の枕にもむくみに関するポイントがあります。
朝だけ顔がむくんでいることがあるという方は、枕が低いことが原因かもしれません。睡眠の最中、横になっているためどうしても立っているときに比べて顔に水分がたまりやすくなってしまうことがあります。

 

そういった時には少しまくらを高くして、水分が顔にたまらないよう工夫するとよいでしょう。

 

生活習慣以外でのまぶたのむくみ

生活の中で前に挙げたものが思い当たらず、腫れぼったさがなくならない場合は1度病院に行ってみたほうが良いかもしれません。
まぶたの病気、目の病気、腎臓の機能の低下によってもまぶたに腫れが生じることあります。目が腫れぼったい、腫れているということが何かの病気のサインということも考えられるのです。

 

目の腫れは大抵の場合食生活や物理的にこすってしまったこと、体質的なこと、寝不足が原因でむくんでいることがほとんどです。しかし、異常を感じたときは無理をせず、まずは眼科に相談した方がよいでしょう。

 

 

腫れぼったいまぶたの解消法と日々の対策

むくみが原因の場合、自宅にあるものを使って自分で改善することが可能になります。
また、慢性的にむくんでいる方もこれからの持続的な対策も可能です。その方法をご紹介します。

 

温冷刺激でむくみ改善

温冷刺激を与えることで血行改善が期待でき、むくみの解消に繋がります。
温冷刺激の具体的な与え方として、40℃前後の蒸しタオルをまぶたの上に置き5分程度温めます。その後、冷やしたタオルをまぶたの上に1分程度置くことで温冷両方の刺激を効率よくまぶたに与えることが可能になるのです。

 

ホットアイマスクなどを使っても同様の効果を得ることができます。むくんでしまい、老廃物が滞ってしまっているときは冷えきっていることが多いです。サウナ効果を得るのと同様にお考えいただくとイメージしやすいかと思いますが、温めてから水風呂に入ることで血行改善が大きく期待できますよね。それをまぶたに集中してお家でも気軽に実行していただくことができ大きな効果が期待できます。

 

また、目をたくさんこすってしまった後次の日の腫れが心配だと思いますが、その直後でもこの温冷刺激を少しでも与えることで次の日のまぶたが変わってきます。

 

まぶたのマッサージ

まぶたに指を軽く当て、マッサージすることでまぶたのむくみを流す方法です。
まず人差し指と中指を軽く優しくまぶたに置き、目頭から目尻に向かってなぞるようにマッサージしていきます。この時、強くマッサージするとまぶたを傷つけてしまう可能性があります。まぶたは薄い皮膚ですので優しく軽くすることを意識してください。

 

また、まぶたのむくみを流すときには目頭から目尻に向かっているマッサージの流れをこめかみまで流すことでリンパの流れの改善を促し、更にむくみの改善が期待できます。

 

違うマッサージ方法としては、おうちにあるスプーンを使ってマッサージしていただく方法もあります。丸みのある扱いやすいものであればスプーンでなくても問題ありません。
こちらの場合もまぶたをなぞるように、優しくむくみを流してあげるイメージでマッサージしていただくとむくみ改善が期待できます。

 

食生活の見直し

まぶたのむくみの原因にもあるようにむくみ改善にとって塩分過多は大敵です。
日頃からバランスの良い食生活を目指しましょう。

 

お付き合いでどうしてもお酒の席が続いてしまうこともあるかと思います。塩分の多いものを食べながらお酒を飲みすぎてしまうとむくみやすい状況を重ねて作ってしまうことになります。お酒を飲みすぎたときは水を積極的に摂取して腎臓の機能を促すことが大切です。

 

睡眠・運動は欠かせない!

睡眠不足そのものが原因でまぶたがむくんでしまうこともあります。しっかりと休養を取ることで改善することもあります。
しかし慢性的なまぶたのむくみを感じている場合、生活習慣の乱れを改善する必要があるでしょう。

 

代謝が悪くなるとまぶたがむくみやすくなるものです。運動不足や睡眠時間が少ない方、働きすぎの方は食生活と共に睡眠や運動も是非見直してください。
生活習慣の改善は難しいものですが日頃からなるべく規則正しい生活を心掛け、少しずつ行動するだけでも健康的な体になり芯からむくみと縁のない体質を作ることができます。

 

腫れぼったいまぶたを卒業して第一印象を変えよう!

いかがでしたでしょうか。
現在むくみにお悩みの方はお悩み別に対策をとることをおすすめします。個人差はありますが改善の可能性が高いです。腫れぼったさのないさわやかな目元で第一印象も向上させましょう。

 

二重になる方法をいろいろ試してみたけど、目元が腫れぼったくて二重の癖がつかない方は、まずご自身の腫れぼったさの原因を見つけて対策をとってみてください。
むくみのないまぶたは二重の癖もつけやすく、後天性二重になる方法の近道でもあります。すっきりとした目元を是非手に入れてください。

page top