ファイバーで二重のくせ付けはできるのか

ファイバーを使って二重になろう

 

二重コスメを使って二重になる方法はたくさんあります。ぱっちり二重に見せるためには欠かせないのがコスメですよね。二重のりやアイテープがメジャーな商品ですが、皆さんはファイバーをご存知でしょうか。

 

アイテープ売り場のそばにファイバータイプと書かれたものを見つけたことのある方も多いでしょう。今回はファイバーの使い方、おすすめのファイバー、ファイバーのメリットとデメリットについてご紹介します。今は二重コスメを使って二重にしているけれど、いずれはホンモノの二重にしたいという方にもファイバーを使って効果を出しやすい方法もご紹介します。ぜひご自身にぴったりの二重コスメを見つけて理想の二重になりましょう。

 

 

ファイバーとは?

 

ファイバーをご存じない方も多いかもしれません。ファイバーはアイテープに似たコスメですが、非常に細いのが特徴です。アイテープは幅のあるテープ状のものですが、ファイバーは接着性のある糸といってよいでしょう。

 

両面接着タイプのアイテープに使い方は似ていますが、ファイバーはその細さを利用してさらに食い込ませやすく深い溝のある二重に見せられるコスメです。蒙古ひだが発達していて二重コスメを使ってもなかなかならなかったという方にも、コツをつかめばきれいに食い込ませやすいのでおすすめです。

 

 

ファイバーの使い方

 

ファイバーを使用する際も、無理な二重ラインを作ろうとするときれいにラインが出来ずに浮いてしまうこと、もしくは二重にならないことも多くあるようです。プッシャーなどで二重ラインの癖付けをし、自然に二重ラインのできたところに合わせてラインを作るとよいでしょう。

 

まぶたの皮脂などをとり清潔な状態にします。二重ラインのガイドを作ってそこに合わせて両手で引っ張りながらファイバーを当てます。この時、まぶたにファイバーが食い込むようにファイバーを押し当てるようにしましょう。押し込めたら目を大きく開けてファイバーがまぶたの溝の奥に入ったことを確認します。

 

ファイバーがまぶたに定着したら、溝から出てしまった分のファイバーをはさみで切ります。目に非常に近い部分ですのでケガのないよう十分に注意してください。ファイバーが浮いてしまうようであれば、プッシャーでさらに押し込みましょう。ファイバーが定着したと感じられたら、普段しているようにアイメイクをして問題ありません。

 

 

おすすめのファイバー

 

・メザイク free fiver
http://amazon.jp/dp/B071RNRJ8M
縮む力でまぶたに食い込みやすく、自然な二重を作ります。目の形に合わせて伸縮しますので立体的な二重を作りやすいのも魅力です。また、伸縮性により目をつぶったときもつれにくく、無理なく使いやすいでしょう。汗、水に強いウォータープルーフです。

 

・FD ブリッジファイバー 1.4mm
http://amazon.jp/dp/B00V45AV36
同じシリーズで1.8mmのものもありますが、太いものよりもやはり細いものの方が目立ちません。耐久性に優れ、汗や皮脂に強くファイバー初心者にも使いやすいものになっています。

 

・Luxe(リュクス) スーパーファイバー スーパーハードクリア
http://amazon.jp/dp/B01LWQ91B9
引っ張っても耐久性に優れていて、まぶたに食い込ませやすいと評価の高い口コミが大いのもリュクスのファイバーです。ウォータープルーフの性能も優れており、強くこすったりしなければはがれにくいのも特徴です。

 

 

ファイバーのメリット

 

その1 自然な仕上がり

 

ファイバーのメリットは何といっても目立ちにくさです。片面接着タイプのアイテープを使っている方は目を閉じた際にテープが出て反射してしまい、バレてしまうということがよくあります。片面接着タイプのアイテープが安定する方であればファイバーも問題なく使用していただけるでしょう。

 

ファイバーは非常に細いため反射しにくくバレにくいのが強みです。近くで見るとバレてしまいますが、綺麗に食い込んでいればほぼバレることはないでしょう。また、アイシャドーを上からしてもファイバーの面積は少ないので浮いてしまうことも少ないです。バレることが心配な方は、ファイバーの上からのメイクもブラウンのラメ系を使うとさらにバレにくくなります。

 

 

その2 二重ラインを調整しやすい

 

アイテープよりも細く柔らかい素材になっていますので、ご自身が作りたい幅で二重ラインを作りやすくなります。しかし、あまりにも欲張って幅の広い二重にしようとすると、ファイバーが食い込まないこともありますので調整しやすいといっても自然に二重ラインができる位置にガイド用の二重ラインの跡をつけて、そこに沿ってファイバーを食い込ませた方がきれいに自然なラインができるでしょう。

 

最初は作りやすいラインであっても食い込ませるのが難しいかもしれませんが、ファイバーは慣れてしまえば気分に合わせてある程度は二重幅を変えることもできますし、末弘型や平行型に変えることも可能です。メイクの幅も広がって楽しむことができるのも魅力の一つです。

 

 

ファイバーのデメリット

 

その1 取れやすい

 

ファイバーを使っていて一番困ることといえばファイバーがはがれやすいことではないでしょうか。アイテープなどに比べて接着面積が小さく目立ちにくいというメリットがある一方、はがれやすいというデメリットもあるのが事実です。

 

接着力の問題以外にも、ファイバーをつけるのはコツが必要でうまくまぶたに食い込んでいない状態で上からアイメイクをしてしまっている例も多いです。コツをつかむまでは何本かファイバーを無駄遣いしてしまうこともあるかと思いますが、薄いまぶたの方であれば二重にきれいになりやすいコスメです。

 

 

その2 重たいまぶたでは二重にならない

 

どの二重コスメを使っても重たいまぶたの方はファイバーを使っての二重メイクは難しいでしょう。まぶたが重めでも二重メイクをしたいという方はファイバーよりも両面接着型のアイテープの方が二重になる可能性は高まります。

 

ファイバーはアイテープに比べて細く目立ちにくい反面、粘着力は劣ります。今までたくさんの二重コスメを試してもダメだったという方はファイバーを購入される際も粘着力が強いものを選んだ方がよいでしょう。

 

 

ファイバーは後天性二重になれる?

 

ファイバーにはアイテープや二重のりほどの癖付け能力は少ないといえます。二重メイクの際も粘着力が少なくて、装着のためにもファイバーとアイプチを同時に使っている方も多いほどです。ファイバーの上から全体に二重のりをつけてがっちり固定する方法もありますが、部分的に目頭と目じりの2点だけ二重のりをつける方法があります。

 

部分的に貼る方法であれば二重コスメでまぶたが荒れてしまいがちな方も、無理なくまぶたに長時間二重の癖付けが可能です。ファイバーだけ使い続けて癖がついたという例は少ないようですが、何度も癖付けをすれば二重になりやすいまぶたになっていきます。

 

直接的な効果は見込みにくいですが、まぶたの美容液を使ったりしながらケアしていけば後天性二重になる可能性は出てくるでしょう。

 

 

上手に使って理想の二重を目指そう

 

いかがでしたでしょうか。ファイバーでの二重メイクには目立ちにくい、バレにくいというメリットもありますが、取れやすいという方、二重メイクにならないという方もいます。ファイバーは粘着力も低いため張りのある厚いまぶたの方は、まず二重になりやすいまぶたになるようにむくみ取りなどをするとよいでしょう。

 

ファイバーできれいに二重になるようになれば、二重メイクで自然なメイクができるようになります。ファイバーは自然な二重の近道です。二重コスメを使って理想の二重を手に入れましょう。

page top