一重から二重にしたい

一重まぶたから二重にまぶたになりたい!

 

一重から二重になる方法

二重になる方法をお探しの方の中で一番多いタイプが一重から二重になりたい、という方です。二重にある方法をすでにいくつかお試しの方も多いでしょう。一重まぶたは日本人独特の奥ゆかしさがあり二重まぶたの方には演出できない美しさがあります。

 

しかし、どうしても一重が嫌だという方もいらっしゃいますよね。これから、一重の方が強い憧れをもつ二重になる方法をご紹介します。ご自身のタイプを理解して理想の二重を手に入れましょう。

 

 

なぜ一重の人と二重の人がいるのか

 

一重から二重になる方法

そもそもなぜ日本人には様々なタイプのまぶたがあるのでしょうか。欧米の方は幅の広い平行二重の方ばかりです。アジア圏でもインドや中東地域、アラブ系の方ははっきりとした二重の方ばかりです。一重まぶたは日本人の半数以上、他に中国や韓国、モンゴルなどの一部の地域にしか多く見られないタイプのまぶたです。

 

非常に古い時代までさかのぼりますが、人間ははじめ二重だったとされています。縄文人は二重だったそうです。しかし、アジア圏の一重まぶたの多い地域の人はモンゴルやシベリアなど極寒の地に移り住みました。その中で厳しい環境から目を守るために進化したのが一重まぶたです。モンゴロイドと呼ばれる一重の人が多い人種は一重まぶた、そしてまぶたが肉厚です。また、蒙古ひだと呼ばれるひだが目頭の赤い部分を隠すひだがあります。

 

こうした経緯があり日本人には一重の方が多いのです。まぶたはほぼ遺伝です。しかし、自力で二重を手に入れた方がいるのも事実です。もともとは二重から始まったのですから頑固な一重の方もあきらめず、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

自分の一重のタイプを知ろう

 

一重の方は根本的に一重の方と実は一重ではなかったという方がいます。根本的に一重の方はまぶたを開閉する筋肉である眼瞼筋の構造が二重の方とは違い可能性がありますので二重になるには相応の努力も必要になるでしょう。

 

しかし、実は一重ではなかったというタイプもいらっしゃいます。まつげの生え際に注目してみてください。もしあなたがまつげの生え際が見えない場合は幅の狭い奥二重の可能性があります。奧二重の方は根本的に完全な一重の方よりも比較的簡単に二重を手に入れられるでしょう。

 

また、二重がまぶたの肉が厚くて埋もれてしまっている場合もあります。まぶただけを痩せるのは難しいですが、もしもあなたがダイエットの必要がある体系でしたら全体の脂肪量が減少すれば必然的にまぶたの脂肪も減少します。隠れ二重の方であればダイエットするだけで二重ラインが見えてくるかもしれません。

 

 

一重から自力で二重になる方法

 

一重から二重になる方法

ここからは完全に一重の方が二重になる方法をご紹介します。整形をするほどではないけれど二重になりたいという方は、ぜひ自力で二重になる方法を試してみてください。

 

その1 まぶたの改善

 

一重から二重になる方法

完全に一重の方はまぶたが厚く、重く、蒙古ひだが発達していることが多いです。二重まぶたにするにはまぶたが薄く、癖付けしやすい状態になるのが望ましいです。蒙古ひだはあっても二重になる可能性はあります。日本人に多い目頭から目じりに向かって二重の幅が広がっていく末広型の二重は蒙古ひだがあるためにそのような形になっています。

 

一重の方はまずまぶたのむくみや脂肪を落とし薄いまぶたにすることが第一に必要です。二重コスメを使って二重にする場合もまぶたが薄いのと厚いのでは仕上がりや自然さに大きな差が生まれます。

 

厚く重い一重まぶたを改善するポイントは

  • 規則正しい生活をして血行を改善すること
  • 塩分や糖分など水をためこみやすい性質の栄養を過剰に摂取しないこと
  • 温冷刺激を与え血行の改善とむくみ改善すること
  • 二重美容液などを使用して脂肪を減らすこと

となります。厚いまぶたは比較的簡単に少ない作業でお金もあまりかけずに改善することが可能です。完全に一重の方は効果が表れるのに時間がかかる場合も多いですが、継続して積み重ねていくことがカギになります。

 

 

その2 まぶたの癖付け

 

一重から二重になる方法

まぶたが薄く癖がつきやすい状態になったら二重の癖付けをしていきましょう。二重のりなどについているプッシャーで二重ラインを作りやすい場所を見つけます。とても癖受けしやすいまぶたになっていれば、目頭と目じりを指で押しながら大きく目を開くと二重ラインができる可能性があります。できた場合、そこが一番自然に二重の癖付けができる場所ですのでそこに癖をつけるとよいでしょう。

 

完全に一重だった方は長時間の癖付けが必要です。そして癖付けができる段階になってもまぶたのケアは怠らない方が二重の癖がつく可能性は高まります。長時間の癖付けには夜寝ている間に癖付けできる「ナイトアイボーテ」がおすすめです。

 

一重から二重になる方法

ナイトアイボーテの広告へ

 

普段のメイクで二重コスメを使用している方は癖付けのためにあまり二重幅を欲張らず、自然に二重ラインができるところに毎日同じように二重ラインをつけるとよいでしょう。

 

 

コスメを使って二重になる方法

 

一重から二重になる方法

一重の方も二重コスメをうまく使えばバレにくい二重ラインを作ることが可能です。ご自身のタイプにあった二重コスメを使って自然な二重ラインを作りましょう。コスメで二重にしているとだんだん癖がついてくることがあります。二重ラインの幅を欲張らず、自然に二重ができるところに二重ラインを作っていきましょう。

 

その1 二重のり 

 

二重コスメの中で一番使っている人が多いのが二重のりタイプのコスメです。二重のりはまぶたが厚いとうまくまぶたどうしを接着することができません。薄いまぶたの方はむいているでしょう。反射もしませんのでバレる可能性は低いです。しかし、二重ラインがまだ安定していないとラインがガタついてしまうことがあります。二重のりに付属しているプッシャーで二重ラインを決めて、そこに少しでも二重ラインが残れば自然にラインができるでしょう。ある程度二重ラインの場所か定着してきたら簡単に自然に二重ラインを作れるのが大きなメリットになります。

 

 

その2 アイテープ

 

アイテープは二重コスメの中でも接着力に優れたコスメです。まぶたが厚めだけれど、早く二重を手に入れたいという方は両面接着タイプのアイテープがおすすめです。テープがうまく二重の溝に食い込めばきれいに二重ラインができます。

 

この方法でのデメリットはテープが反射してバレやすい、メイクが乗りにくい、テープがはみ出してバレてしまうことがあげられます。コツをつかめばアイテープも簡単に二重が作れるようになりますし、癖もつけやすいです。ある程度二重ラインが作りやすくなったら片面タイプのアイテープに変えてもっと自然な二重を目指しましょう。

 

 

その3 ファイバー

 

アイテープほど接着力が必要ない方、アイテープよりもバレない方法で二重を作りたい方はファイバータイプがおすすめです。ファイバータイプの使い方はアイテープとほぼ変わりませんが非常に細いためより目立ちにくくなっています。まぶたの厚い方はファイバーでは二重にならないことが多いのでまぶたが薄くなってからチャレンジした方がよいでしょう。

 

 

 

☆どうしてもだめな時は…

一重から二重にしようと努力してもなかなか結果を得られない方が多いのも事実です。完全に一重まぶたの方は眼瞼筋から構造が違いますので難しいことは心にとめておいてください。しかし、完全な一重の方が自力で二重になった例ももちろんあります。まずはご自身の力だけで二重にする努力をしてみてください。

 

 

一重から二重になる方法

どうしてもだめな時、一重に強くコンプレックスがありどうしても二重になりたいという方は最終手段としては整形手術もあります。整形は決して悪いものではありませんが、自力で二重になった方もたくさんいらっしゃることを忘れず、チャレンジを続けてみてください!

 

 

一重からぱっちり二重になって理想の瞳を手に入れよう

 

一重から二重になる方法

いかがでしたでしょうか。一重まぶたはモンゴロイドにしか見られないまぶたです。エキゾチックな雰囲気から好かれることもあります。一重には一重の方にしかない美しさがあります。そして、ぱっちり二重を手に入れたい方は一重から二重にすることも可能です。

 

理想のぱっちり二重を目指してまずご自身の力でまぶたを変えていってください。薄いまぶたにするだけでも目の印象は大きく変わります。理想の瞳を目指してこれからもチャレンジし続けてください。

 

スポンサー

>>この方法で二重になる

page top