奥二重から二重にしたい

奥二重から二重に

 

奥二重のまぶたに悩みを抱えている方は実はたくさんいらっしゃいます。二重になる方法をお探しの方の中にも奥二重からハッキリとした二重になりたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ご自身が一重だと思っている方も実は奥二重という可能性はあります。奧二重のまぶたは一重同様、腫れぼったく見えてしまったり目つきが悪く見えてしまったり、奥二重の中でも二重幅が特に狭い方はまつげの上にまぶたがのってしまって一重の方よりも目が細く見えてしまうことがあります。

 

二重メイクをしても、もとからご自身にある奥二重ラインが作った二重ラインと一緒に表に出てしまって二重メイクにしても三重になってしまうこともあり、実は悩みが多いのが奥二重の方の特徴です。今回は奥二重さんのお悩みを解決する方法をご紹介していきます。奧二重からハッキリ二重になるために自力でできること、おすすめのコスメや使い方もご紹介します。

 

奥二重から明るくかわいい印象のハッキリ二重を手に入れましょう。

 

 

なぜ奥二重になるのか

 

二重の種類としてはほとんどの欧米の方に見られる「平行型」、目頭から目じりにかけて二重幅が広くなる「末広型」、そして奥二重も二重の中に入ります。

 

奥二重は二重の幅が極端に狭く、二重のラインが全体的にまぶたの皮膚の内側に隠れて見えなくなってしまった状態の二重です。まつげの上に皮膚があり重たい印象にンってしまいます。奧二重の方の中にも、目尻の方に行くと二重のラインが見えることもありますが、一見すると一重のように見えることもあります。

 

奥二重の方のまぶたは二重の方は分離している眼瞼筋が、まぶたの皮膚にくっつき皮膚が筋肉によって引っ張られ折りたたまれることによって二重ができます。しかし、奥二重の方はその眼瞼筋の折りたたまれる位置が極端にまつげの生え際に近く、二重ラインがまぶたの内側にいってしまっているのです。

 

まぶたの形は遺伝に大きく影響を受けます。今あなたが奥二重なのに親はハッキリ二重という方も少なくありません。もしかすると二重の親を持つ方は親が後天性二重だった可能性があります。奧二重の方も加齢とともに二重になるというのは珍しくないことです。後天性二重をゆっくり待ってもよいですが若いうちからハッキリ二重になりたいですよね。自力で二重にするためにできることもあります。

 

 

奥二重の方が目指しやすい二重とは?

 

奥二重の方がコスメを使わずにホンモノ二重を目指すのであれば末広型の二重を目指した方が自然にきれいに二重ラインを作れるでしょう。

 

奧二重の方は末広型二重の方と同様に蒙古ひだが発達している可能性が高いです。蒙古ひだは目頭の赤い肉(涙丘)に覆いかぶさっているひだのことを言います。日本人の二重の方の中で平行型二重よりも末広型二重が多いのは蒙古ひだが涙丘を隠してしまっているためです。目じりに行くにしたがって蒙古ひだの影響を二重ラインが受けなくなるために幅が広がっていくということになります。

 

奥二重の方は蒙古ひだが大きくかぶさっていないかご自身の目を見てみてください。蒙古ひだを上に持ち上げたとき、目頭から二重ラインが出てきませんか?蒙古ひだを除けば奥二重のラインがとても幅は狭いものの二重ラインとして、今までのようにまぶたから重なって見えなくなることなく安定して出てくるでしょう。

 

平行型二重を手に入れたいとお考えの方もまずは蒙古ひだの改善、腫れぼったいまぶたを眼瞼筋の力だけでくっきり溝ができるように薄くする必要があります。平行型二重の方の涙丘を見てみると大きく出ていてかぶさっている「ひだ」がないことが分かります。末広型二重は蒙古ひだがあってもできますが、平行型はほとんどない方でないと難しくなりますのでまずは奥二重の方は蒙古ひだを改善することがスタートラインになるでしょう。

 

 

奥二重から二重に自力でなる方法

 

ここからは奥二重の方が自力で二重になるためにおすすめの方法をご紹介します。奧二重の方も一重の方同様まぶたが腫れぼったく厚い方が多いです。また蒙古ひだも発達している方がほとんどでしょう。それらを改善することでまた一歩理想の二重に近づきます。

 

その1 蒙古ひだの改善

 

奥二重の方が二重ラインを外側に出す方法として、一番は蒙古ひだの位置を改善することでしょう。蒙古ひだは若い人に特に強くみられ、ハリが強く完全になくすことはほぼ無理といって過言ではありません。しかし、蒙古ひだは年齢と共に退化していきます。若いときは一重、または奥二重だったのに年を取ってから二重になったという方は蒙古ひだの退化とまぶたのハリが減ったためだといわれています。

 

若い方が蒙古ひだをなくすことは前述の通り難しいですが、蒙古ひだの位置を癖付けにより二重ラインを作るのにあまり影響のでないところに移動させることは可能です。

 

まず蒙古ひだに親指を当てます。この時両側同時にして問題ありません。そして中央に寄せてから額の方に蒙古ひだをあげます。こうすることにより、涙丘が見えたらそのまま15秒キープを2セット、朝と夜に行いましょう。

 

蒙古ひだが涙丘の上からズレればおのずと二重ラインがまぶたの上の方に来やすくなるでしょう。

 

 

その2 まぶたのむくみ改善

 

もとはハッキリ二重だったのに急に奥二重になってしまったという方もいらっしゃいます。そういった方はまぶたの調子が悪くなりまぶたが重くなってしまって、二重ラインがまぶたに隠れてしまって奥二重になっている可能性が高いです。

 

一重のまぶたが重い方の対策と同様にまぶたを薄く軽く開いやすい状態にしましょう。まぶたの血行改善のために、蒸しタオルや冷たいタオルで温冷刺激を与えたり、まぶたにアイクリームをつけながら優しくマッサージしたりするとよいでしょう。

 

もともとホンモノ二重から奥二重になった方は特にまぶたの改善だけで二重が復活します。もともと奥二重の方もまぶたを軽くして開きやすくするのは二重ラインをハッキリ出すのに重要なことですので、合わせて対策したいものです。

 

 

奥二重の方におすすめの二重コスメ

 

奥二重の方が二重コスメで二重にするともともとの奥二重ラインが見えて三重になってしまいます。奧二重の方は重いまぶたでなければファイバーや二重のりなど使用していただいて問題ありません。むしろ自然にメイクになじむ二重コスメを使った方がよいでしょう。

 

奥二重ラインはご自身にもとからあるものですので簡単に消えるものではありません。奧二重ラインが消せても新しく幅の広い二重ラインを作ることは難しいです。

 

奥二重ラインを活かすメイクをすれば二重コスメを使ったメイクも自然にできます。ご自身が欲しいラインに二重コスメで二重ラインを作ります。この時出てきた奥二重ラインに沿ってアイラインや濃い色のアイシャドーを引けば奥二重ラインは目立ちません。

 

おそらく奥二重の方はアイラインを引いても普段はまぶたに覆われて見えなくなってしまっていたでしょう。奧二重ラインに沿って埋めるように濃い色のアイメイクをすればメイクが濃い印象もあまり与えることなく自然に奥二重ラインが隠せます。

 

 

理想の形の二重を手に入れよう

 

いかがでしたでしょうか。奧二重は二重の一種ですが、付き合い方が難しい二重ラインの代表ともいえます。奧二重はまぶたのむくみ解消だけでも改善できる場合があります。少しの努力で理想の二重になることもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

重たいまぶたでお悩みのある方もケアすれば第一印象アップも可能です。理想の二重ラインを手に入れましょう。
スポンサー

>>この方法で二重になる

page top