片目だけ一重の原因と対策

お悩み別対策 片目だけ一重の人の対策方法

 

二重になる方法をお探し中、お悩みの中の方の中でも片目は理想の二重なのに片目が一重、または奥二重という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人間の体は左右非対称といいますが、片目ずつ目の形が違うとやはり目の大きさも左右で差ができてしまいアンバランスな顔に見えてしまいます。

 

片目だけ一重の方の中には、生まれつき片目だけ一重という人、突然もとは両目とも一重だった人が片目だけ二重になったという人、逆にもとは両目二重だったにもかかわらず突然片目が一重になったという人もいらっしゃいます。どのパターンであったとしても、バランスのとれた二重になることは可能です。

 

ここからは、理想の二重になる方法と片目だけ一重になる理由、その対策をご紹介します。

 

 

なぜ片目だけ一重なの?

 

片目一重にお悩みの方へ、片目だけ一重の理由をご紹介します。
後天的に片目だけ二重になり、バランスのとれた二重になる方法をお探しの方も、なぜ片目だけ二重になれたのかを理解することでもう片方も二重になる方法が見つかるかもしれません。

 

 

その1 成長過程での変化

 

年齢と共に変化をするということも多いようです。
特にもとは両目とも一重だった人が年齢を重ねるとともに二重になったというケースの過程で現在片目だけ二重になったということがあります。小さな子は脂肪が多く顔も張っている子が多いですよね。ですが、思春期ごろを境に脂肪が取れやすくなります。

 

こういった体の変化は皮膚の薄いまぶたにも表れるもので、顔に無駄な肉が減ってきたと感じた頃から突然二重になったという方もいます。しかし、人間の体は左右対称にできておらず、両目ともきれいな二重というわけにはいかないこともあるのです。

 

年齢と共に変化している場合、今は片目だけでお悩みでも時間と共に解決してくれるということもあるでしょう。

 

 

その2 むくみ

顔のむくみは二重になるためには大きな敵です。しかし、まぶたは非常に薄い皮膚でむくみやすい顔の中でも特にむくみやすい場所になります。

 

こうした、デリケートな部分であるからこそ日々の習慣は顕著に表れます。朝は顔がむくみやすいという方も多いと思います。これには寝方も深くかかわっていて、横向きで寝ることやうつ伏せで寝るのが癖という方は、特に注意していただきたい問題です。

 

日々の習慣で寝ている間の時間、下向きになっている方はむくみがたまりやすくなります。寝ている間の癖というのは無意識にしているものなので改善が難しい問題ですが繰り返すことでむくみが定着し、片側だけ腫れぼったく一重になってしまうことがあります。

 

 

その3 体のゆがみ

体全体のゆがみも片目一重の原因に繋がります。
普段の姿勢の悪さから生まれる体のゆがみは、顔のゆがみになり顔のゆがみは顔のパーツ一つひとつに影響を与えます。まぶたも例外ではありません。
また、歯の?み合わせもゆがみの原因です。

 

顔がゆがめば目の高さ、大きさも微々たる違いで変化が生まれます。そうしたことでむくみにもつながったり、形の変化で片目一重の原因に繋がったりしてしまうのです。

 

 

その4 顔の筋肉を均等に使っていない

まぶたに動かしやすい方とそうでない方はありませんか。
動かしにくい方は筋肉量が少ないと考えられます。筋肉量が少ないとまぶたを持ち上げ目を開く筋肉が足りません。ウインクをしてみてどちらかが開きにくいと感じる場合開きやすい方の目を重点的に使っていてそちらばかりに筋肉量が傾いている可能性があります。

 

両目を平等に使ってないことも片目一重原因になるのです。

 

 

対策方法

 

ここからは片目だけ一重の方への対策方法をご紹介します。
人間の顔は左右対称が美しいといわれています。両目をバランスのとれた目にすることでさらに理想の自分に近づいてください。

 

 

その1 まぶたのケア

寝方の癖などでどちらか片方のまぶたがむくんでしまっている場合、むくみ改善などまぶたのケアをすることでもう片方の目も二重になる可能性があります。

 

むくみ取りには温冷刺激を蒸しタオルや冷やしたタオルで与える方法もありますし、まぶたのマッサージも効果的でしょう。横向きやうつ伏せで寝るのが習慣化されており下向きになっている方が一重という方はぜひ寝方の改善にチャレンジしてみてください。偏った寝方は体全体のゆがみにも繋がります。

 

また、メイクが落としきれていない、アイプチなどのし過ぎでまぶたが荒れてしまったという方は保湿をすることで肌に張りが生まれ二重になりやすい条件の整ったまぶたになれるでしょう。

 

 

その2 体を整える

まぶたのケアでもご紹介しました通り、寝方に偏りのある方はゆがみを生じている可能性が高いです。また自分はゆがんでいないという方もよく鏡と向き合うと発見があるかもしれません。鼻は曲がっていませんか。まゆげは対象の位置にありますか。少しの違いが日々重なることでまぶたに影響を与えます。

 

また、歯並びに問題がある場合は顔の筋肉に偏りが生まれている可能性が高くゆがんでいることが非常に多いです。?み合わせの改善は二重にも繋がります
姿勢の悪い方も意識的に姿勢を改善することで、顔の骨格のゆがみの改善にもなります。

 

まぶたの筋肉量に差がある方は筋肉量の足りない方の目を意識的に使うようにするとよいでしょう。癖で偏ってゆがんでいる際は意識してよい姿勢、バランスのとれた体の使い方をすることでまぶたに変化が表れるだけでなく、体全体に良い影響が出る可能性があります。

 

 

その3 片目も自力で二重にする

生まれつき片目が一重という方や年齢による変化が見込めないという方は、片目を後天性二重にすることで両目とも二重にすることができます。

 

二重になる方法はたくさんありますが、まず一重まぶたを二重になりやすい条件のそろったまぶたにする必要があります。むくみがなく二重ラインの癖のつきやすいようなまぶたにすることは努力次第で可能です。努力で生まれつき一重だった方が両目とも二重になるケースも少なくはありません。片目が二重ということはもう片側の目も二重になる可能性を十分に秘めています。

 

どうしても片目一重がコンプレックスで片目はどうしても変わらないという場合にはもちろん整形という手もありますが、両目二重になる可能性を十分に持っていることを自信に思っていただき、ぜひ自力で二重にする方法を実施して後天性二重を手に入れてください。

 

 

その4 片目をメイクでカバーする

メイクで一重側の目を二重のように見せることも可能です。
アイプチなどの二重のりやアイテープ、メザイクなどを使えば短時間で簡単に二重を手に入れることができます。しかしこれらの方法はメイクが取れてしまうこともありますし、使い方を慣れていないとばれてしまう可能性もありますので練習して自然に見えるようにすることが必要です。

 

また、二重ラインを作らずに二重のように見せる方法もあります。二重ラインをアイラインで細く書き、アイシャドーで濃淡をつけ影のように見せることで窪ませなくても二重のように見せる方法です。この方法であればアイプチなどで皮膚を引っ張ってしまいまぶたが延びることを心配されている方もメイクで影のように見せるだけなので心配なく実践していただけます。自力で二重を目指している方も、その過程の中でメイク術に取り入れていただくと不完全な中でも左右対称に近い顔に見せることができます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
片目一重の方向けに両目が二重になる方法をご紹介いたしました。二重は日々の習慣でできていることもあります。少しの努力で結果が出やすいのが片目一重の方の強みです。
ぜひ諦めずに左右対称の二重を手に入れてください。

page top